ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.ffl ファイル拡張子

開発者: Microsoft
ファイルの種類: Find Fast Document List File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .ffl. ファイル拡張子を持つファイル .ffl 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .ffl ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .ffl ファイル?

高速検索文書リストファイルは、Microsoft OfficeアプリケーションとMicrosoft Outlook電子メール管理ソフトウェアで使用されるシステムファイルに分類されます。マイクロソフトは、Microsoft OfficeスイートおよびMicrosoft Outlookの電子メールマネージャにバンドルプログラムに統合高速コントロールパネルを探すためのFFLファイル形式を開発しました。これらは、高速文書リストファイルはFFL形式で保存されているとして固定されている検索.ffl拡張。これらのFFLファイルの内容が符号化され、仕様およびMicrosoftが所有規格で圧縮し、これらのアプリケーションやシステムファイルなどのMicrosoft Windows OS自身が使用されているので、これらのFFLファイルが開かも変更すべきではありません。高速検索コントロールパネルアプレットは、Microsoft Windowsのシステムパーティションおよびコンピュータに接続された他のデータ記憶ディスク内のファイルとフォルダのインデックス作成と検索機能のセットでのMicrosoft Windowsユーザーに提供するために開発されました。これは、Microsoft Windowsユーザーが文書やユーザが必要とするファイルを含むフォルダを検索するための高速検索コントロールパネルアプレットにアクセスしたときに、このアプレットは、検索クエリに対応するファイルとフォルダのリストに関連付けるFFLファイルを見つけ意味しますユーザに検索結果を表示するFFLファイルに格納された関連データを参照します。 Microsoft WordのようなMicrosoft Officeアプリケーションでは、ユーザーがドキュメント内の単語やフレーズを検索するには、Ctrl + Fを押すことができ、およびMicrosoft Wordのプログラムは、ユーザによって要求された検索操作を実行するための高速アプレットを探す内蔵のを初期化します。

開く方法 .ffl ファイル?

起動 .ffl ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .ffl ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .ffl ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .ffl ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .ffl ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .fflファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .ffl ファイル

Microsoft Windows

Microsoft Windows

Microsoft Windows is a sequence of graphical interface operating systems developed, marketed, and sold by Microsoft Corporation. Some of its features are: (1) Windows Live - is a group of tools and software for Windows’ use. Users can have access to Windows Live by making a free account. This includes a chat client, networking tools, a movie maker and photo gallery, and email and Internet functions. A user can select to download and utilize all of these programs, or only download a selection of them depending on needs; (2) Windows Search - is a search function included with Windows that permits the user to search for files by name, date and file, text within a file in case user cannot remember the document name, and the entire computer. Windows Search is located in the start menu; (3) Windows Updates – this includes an automatic update feature with the purpose of keeping its operating system safe and up-to-date. Security updates are fixed with this feature to help protect against new risks as well as to apply any software updates and bug fixes. Users can set this feature to check for new updates and install them directly or turn off the automatic update feature and check for updates manually on their own; and (4) Windows Taskbar - is the central navigation tool for Windows. It includes the Start Menu, which allows users to open programs and features. It also includes a clock, calendar, and program icons for things such as usually utilized programs and updates. The taskbar and the items displayed in it are customizable. It is located at the bottom of the screen by default, but can be moved to the top or sides of the screen if the user chooses. The company launched an operating setting named Windows on November 20, 1985 as an add-on to MS-DOS in response to the rising interest in graphical user interfaces (GUIs). Microsoft Windows came to rule the world's personal computer market with over 90% market share, overtaking Mac OS, which had been introduced in 1984. The most recent client version of Windows is Windows 7; the most recent server version is Windows Server 2012; the most recent mobile version is Windows Phone 7.5.
Microsoft Office

Microsoft Office

Microsoft Office is an office suite of desktop applications, servers and services, released by Microsoft on August 1, 1989 for the Microsoft Windows and Mac OS X operating systems. Originally, the first version of Microsoft Office contained Microsoft Word, a word processor and was previously considered the main program in Office; Microsoft Excel, a spreadsheet program that originally competed with the dominant Lotus 1-2-3; and Microsoft PowerPoint, a popular presentation program for Windows and Mac.; a marketing term for a bundled set of applications. As years passed by, Office applications have grown significantly closer with shared features such as a common spell checker, Object Linking and Embedding (OLE) data integration and Microsoft Visual Basic for Applications scripting language. Microsoft also positions Office as a development platform for line-of-business software under the Office Business Applications brand. The current versions are Office 2010 for Windows, released on June 15, 2010; and Office 2011 for Mac OS X, released October 26, 2010.The new Office 2013 (version 15 of the Office suite) is reported to be released around December 2012.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .ffl ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .ffl. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。

コメントを残す

Registry Reviver
本気ですか?
PC上のファイル拡張子の問題を修復します。

インストールして試す Registry Reviver ために Free!

Copyright © 2022 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。
サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

節約しよう
40
%