サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

保存する
40
%
ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了
項目
fix mic sensitivity
Windowsでマイクの感度を修正する方法How To Fix Mic Sensitivity On Windows
403 User Rate Limit Exceeded

Windowsマイクを使用すると、常にブーンという音がしますか?システムを再起動しようとしましたが、それでもブーンという音が残りました。コンテンツを思い通りに記録することができなくなります。心配しないでください。最良の結果を得るためにマイクの感度を修正する方法をご案内します。 Windowsでのマイク感度の問題の理由まず、このマイク感度の問題がWindowsで発生する理由を理解しましょう。あなたのような多くの人々が直面しているのは一般的な問題です。システム設定が正しくないと、Windowsコンピューターでマイクの感度の問題が発生します。マイクの感度の問題は、外部ハードウェアの障害や古いドライバーが原因で発生することもあります。マイク感度の問題の理由のいくつかは次のとおりです。低品質のヘッドホンを使用すると、この問題が発生する可能性があります。過去のUSB接続ヘッドホンを使用すると、音声伝送が低下します。オーディオフィルターを使用しないと、バックグラウンドサウンドがキャプチャされる可能性が高くなります。マイクとの距離が不適切な場合、入力オーディオのキャプチャが不十分になります。古い外部ハードウェアドライバー。 Windowsでマイクの感度を修正する方法マイク感度の主な原因を理解することが最初のステップです。正確な原因がわかれば、ウィンドウのマイク感度を修正する準備が整います。まず、マイクの感度の問題を修正するために使用できるいくつかの基本的なチェックを見てみましょう。ノイズキャンセリング機能を備えた高品質のオーディオ機器に常に投資してください。 3.5mmジャック接続機能を備えたヘッドセットを常に購入してください。これらは、USB接続のものよりも優れた結果をもたらします。より良い結果を得るには、設定でノイズリダクションフィルターを使用してください。最適な長さからマイクに向かって話します。完璧な距離を見つけるために必要な回数だけテストしてください。ヘッドセットの音量設定が中程度であることを確認してください。それでは、マイクの感度を自分で修正する方法についてもう少し詳しく見ていきましょう。心配しないでください、手順は理解しやすいです。 Windowsオペレーティングシステムのマイク感度を修正するために、すべて自分で行うことができます。マイクのバックグラウンドノイズとバズ音の修正このプロセスでは、最高の出力を得るためにシステムのサウンド設定を変更する方法を知ることができます。システムのサウンド設定に移動する必要があります。これを行うには多くの方法がありますが、Windows 10のユーザーインターフェイスにより、タスクバーの検索ボックスに入力するだけで、今日では非常に簡単に何かを見つけることができます。タスクバーの検索ボックスに「設定」と入力します。設定アプリを開いて、システム設定にアクセスします。ディスプレイの設定に応じて、サウンド設定オプションが直接表示されます。それ以外の場合は、[ハードウェアとサウンド]セクションに移動して開きます。その中には、サウンド設定オプションがあります。それをクリックすると、新しいダイアログボックスが目の前に表示されます。次に、[記録]タブをクリックします。ここでは、システムはWindowsシステムによって認識されたすべての記録ハードウェアを表示します。マイクの感度を修正したいものを選択して右クリックします。次に、[プロパティ]オプションを選択します。ここでも、選択したマイクのすべてのプロパティを表示する新しいダイアログボックスが目の前に表示されます。 [レベル]タブに移動します。マイクの音量が最大値の100に設定されているか確認してください。それでも出力が不十分な場合は、マイクから離れすぎていないか確認する必要があります。ただし、出力が大きすぎると感じた場合は、出力に問題がなくなるまでこのレベルを最小化できます。標準的な方法として、マイクブーストは+ 10.0dB以上に設定する必要があります。可能な場合は、[拡張機能]タブに移動します。 [すべての効果音を無効にする]のチェックマークを外します。イミディエイトモードを選択します。また、[ノイズ抑制]ボックスと[アコースティックエコーキャンセレーション]ボックスにチェックマークを付ける必要があります。これらすべての変更が完了したら、[適用]をクリックして設定を保存します。この後、問題が解決したかどうかを確認するためにいくつかの試行を行います。そうでない場合は、次の方法を試すことができます。マイクの感度を修正するためのトラブルシューティング方法このプロセスでは、Windowsのトラブルシューティング機能を使用して、Windowsのマイク感度を修正できます。マイクのハードウェアまたはソフトウェアに問題がないか確認してください。サウンド設定に移動します。トラブルシューティングオプションを探してクリックします。 Windowsはチェックを実行し、考えられるエラーと修正措置について通知します。指示に従い、問題が解決したかどうかを確認します。それでも問題が解決しない場合は、次の方法に従ってください。 DriverReviverを使用してマイクドライバーを更新するほとんどの場合、マイクのドライバーは更新されず、マイクの感度の問題が発生します。古いドライバーは、マイクのパフォーマンスを制限するだけでなく、ドライバーの更新で展開される重要な機能のいくつかを見逃す可能性もあります。問題は、マイクドライバーに自動更新機能がないことです。したがって、オーディオドライバーの更新にDriverReviverを使用できます。それはあなたがあなたのコンピュータのすべての古いドライバーを識別するのを助けます。複数の言語で利用可能で、PCをスキャンして古いドライバーをチェックし、ドライバーを元のメーカーのドライバーから利用可能な最新バージョンにすばやく更新します。 DriverReviverを使用してマイクの感度を修正する手順は次のとおりです。 PCにDriverReviverをダウンロードします。画面の指示に従って、PCにソフトウェアをインストールします。 Driver Reviverを起動し、 [今すぐスキャンを開始]ボタンをクリックします。スキャンプロセスが自動的に開始されます。それは100%完了すると、お使いのPC上のすべての時代遅れのドライバを更新するために、すべて更新ボタンを使用します。更新が必要なドライバーの数によっては、すべてのドライバーのインストールに時間がかかります。完了すると、マイクの感度の問題が修正されます。注:Driver Reviverは、最新のドライバーをインストールする前に復元ポイントを自動的に作成するため、必要に応じてバックアップに戻すことができます。結論Windowsコンピュータのマイク感度を簡単に修正できるようになりました。ほとんどの場合、問題はPC上の古いドライバーが原因で発生します。 DriverReviverのようなDriverUpdaterツールは、ウィンドウのマイク感度をすばやく簡単に修正するのに便利です。


カテゴリ別に閲覧する
一般
一般的な情報提供の記事
ハウツー
ステップと、コンピュータのステップを最適化
インフォグラフィック
大規模で詳細なグラフィカルなプレゼンテーション
情報
コンピューターの意見、解説、ニュース
メンテナンス
アップグレードせずにコンピュータを保つ
ニュース
ReviverSoftとその製品に関する
初心者 
コンピュータに慣れていない方のため
最適化
少ないエラーを使用してコンピュータを動作させる
PC の障害
それを遅くコンピュータ要素
レジストリに関する洞察
どのようにWindowsレジストリの作品
セキュリティ
403 User Rate Limit Exceeded
Windowsの10
Windows 10を使用していますか?具体的なヒントやテクニックをあなたに見せてください。


翻訳を編集
機械翻訳(Google):
読み込み中...
エディタにコピーする
or キャンセルする