ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.dss ファイル拡張子

開発者: International Voice Association
ファイルの種類: Digital Speech Standard File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .dss. ファイル拡張子を持つファイル .dss 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .dss ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .dss ファイル?

デジタル音声標準ファイル形式は、音声認識アプリケーション、デジタル音声記録プログラムによって使用され、これらのデータファイルは、ユーザの記録された音声データを含んでいる。これらのデジタル音声標準ファイルは、DSS形式で保存し、いくつかの音声認識アプリケーション会合またはユーザによって作成され、対応する音声プロファイルに各DSPファイルをリンクしている。豊富な圧縮仕様はで固定されているこれらのDSSファイルの中に実装されていますこれを.dss延長。 「上書き」モードと「インサート」モードでは、一部の音声認識アプリケーションで使用可能なオプションであり、これらのオプションのいずれかは、自分の声のプロフィールに関連付けられたDSSファイルに格納されたデータを編集するためにユーザによって選択することができる。 DSSファイル形式とサポートされているアプリケーションは、主に法的及び医学的転写のために使用されている。これらのDSSファイルの内容は、さておき、ユーザーの録音された音声データから、またの(KBまたはMB単位)(分)の長さと一緒に、セッションを記録する音声の日付およびタイムスタンプなどの詳細とサイズを含んでいてもよいDSSファイル。 IBMのViaVoiceソフトウェアは、ユーザーがMicrosoft WindowsシステムはMacプラットフォームとその声でこれらのオペレーティングシステムにインストールされ、他のアプリケーションの機能にアクセスできるようにすることができ、音声認識プログラムであり、このプログラムは、これらのDSSファイルのサポートで実装されます。

開く方法 .dss ファイル?

起動 .dss ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .dss ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .dss ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .dss ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .dss ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .dssファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .dss ファイル

IBM ViaVoice for Mac

IBM ViaVoice for Mac

IBM sold ViaVoice in 2003 to ScanSoft for its distributions. ScanSoft is now known as Nuance. IBM ViaVoice is a suite of products for language-specific continuous voice recognition software. The current version is designed mainly for embedded devices. The latest stable edition is 9.0 that can directly scan text into Word. After installation, the user should read the texts provided for the program to recognize the user’s voice. Recognition is 95% accurate, although word can also be repaired by typing the word correctly. It is useful when typing large amounts of text. Language editions may have different specifications, features, microphone support and technical support. Some of the editions include Standard Edition, Advanced Edition, Personal Edition, Pro USB Edition, ViaVoice for Mac OS X Edition and Simply Dictation for Mac. Before the development of ViaVoice, IBM developed VoiceType. In 2003, IBM granted ScanSoft who developed the competitor Dragon NaturallySpeaking exclusive distribution rights for ViaVoice Desktop for Mac and Windows. ScanSoft merged with Nuance two years later.
IBM ViaVoice for Microsoft Windows

IBM ViaVoice for Microsoft Windows

ViaVoice for Windows Pro USB 10.0 offers about 96% accuracy as speech recognition software that allows fast dictation and with voice macros that work with any Windows application. It requires more than 500MB of disk space. It is easy to install with provided USB microphone [noise-cancelling Plantronics DSP 300] and a 15-minute training session for you to be acquainted with its functions. VoiceCenter is ViaVoice’s user interface. You can set it in “floating” mode so that you can drag it into any position on your desktop screen instead of being docked on the screen edge. The thin toolbar features only one menu for you to access the options and commands, and a button to turn the microphone on or off. Its complement tools include voice dictation, voice-enabled applications control and text-to-speech engine. You can create voice macros [voice-activated shortcuts] that can work with any Windows program. SpeechPad is the basic writing utility of ViaVoice. You can navigate the Web through speech commands. ViaVoice supports Internet Explorer, AOL 7.0 and Netscape browsers. You can click links by calling out the first few words of that link. It can read documents aloud in robotic voice with its text-to-speech skills for you to play back what you have dictated or written. It supports digital recorders from Sanyo and Olympus. You can upload your audio files from these devices to your computer, and ViaVoice will convert them into typed text. It also has good dictation speed which means that the lag between dictating a word and seeing it appear on your screen is short. Slower operating systems may get slower speed results though. You can also train ViaVoice for word recognition by using its support wizards and tools to improve the program’s skills.
Olympus DSS Player Lite

Olympus DSS Player Lite

The Olympus DSS Player Lite software is categorized as a playback-only audio file player used to open DSS files which are actually voices that were recorded using the Digital Voice Recorder Series IC recorder from Olympus. This software can also be used to archive notes as well as it can also open other audio file formats like WAV, WMA and VAL files. This DSS player Lite software from Olympus features top quality playback for audio fifes because even if the DSS audio files are archived and made smaller than WAVE files, the quality of the playback is not affected. The audio files will still sound perfect. This software was developed by Olympus Imaging, Corp. and because of its ability to open and playback DSS files as well as other audio file formats, users are assured that the recipient of the audio files they sent can open the files and play them back.
Olympus DSS Player

Olympus DSS Player

The Olympus DSS Player is software that is used to retrieve as well as play the Olympus dictation device audio files. This is the application mainly associated with DS2 files as these files refer to the recorded and saved files in a recording device like Olympus’ dictation devices. In order to play these files on the computer, the DSS Player is needed either for Windows or MAC operating systems. DSS player actually stands for Digital Speech Standard player and it comes with a variety of versions already such as the Pro and the Lite version. This software was developed by Olympus Imaging, Corp. and it is complete with features such as net based architecture, customizable scenarios, ergonomic user interface, and IT system integration features. The Lite version of this player allows users to play ".wav" , Windows Media Audio and other audio files and contain features such as a very friendly user interface and a built-in help component, so users will experience a convenient and effective DSS playback.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .dss ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .dss. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。

コメントを残す

Registry Reviver
本気ですか?
PC上のファイル拡張子の問題を修復します。

インストールして試す Registry Reviver ために Free!

Copyright © 2022 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。
サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

節約しよう
40
%