ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.edat2 ファイル拡張子

開発者: Behavioral analysts, eye experts, psychologists and students or researchers can use version 2 of the E-DataAid software to create, open, view and analyze or modify the content stored in an E-DataAid 2.0 file. These E-DataAid 2.0 files are saved in the EDA
ファイルの種類: E-DataAid 2.0 File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .edat2. ファイル拡張子を持つファイル .edat2 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .edat2 ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .edat2 ファイル?

行動アナリスト、眼の専門家、心理学者、学生や研究者が、作成するE-DataAidソフトウェアのバージョン2を使用し、オープン、ビュー、およびE-DataAid 2.0ファイルに格納されたコンテンツを分析したり、変更することができます。これらのE-DataAid 2.0のファイルはEDAT形式を使用し、このアプリケーションの以前のバージョンとは異なり、EDAT2形式で保存されます。 EDAT2ファイルがで固定されている.edat2拡張データは、ほとんどの表計算ドキュメントに見られるのと同じように、行と列に分割された構造化データを含むことができる。これらEDAT2ファイルの内容は関連するEDAT2ファイルの作者によって集められ、入力されたデータの他の部分の間で精神鑑定の結果、参加者の詳細、アイトラッキング及び観測機器キャリブレーション設定することができる。ユーザーが統計データ調査·分析のためのXLS表計算ドキュメントに彼らのEDAT2ファイルをエクスポートできるようEDAT2ファイルは、Microsoft Excelのサポートで実装されています。 E-DataAid v2.0のソフトウェアは、E-総理プログラム、心理学のソフトウェアツールによって開発されたアプリケーションにバンドルアプリケーションです。

開く方法 .edat2 ファイル?

起動 .edat2 ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .edat2 ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .edat2 ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .edat2 ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .edat2 ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .edat2ファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .edat2 ファイル

E-DataAid

E-DataAid

DataAid is a component software inside the E-Prime suite which is used for examining data, basic analysis operation, and this software prepares it to move or export data to another application such Microsoft excel. This software may select, merge data for deep analyzation. And these data are now ready to be exported to application software. This software can also import application from other software for analysis. This software provides the user a graphical user interface that enables them to drag and drop files. E-Data Aid along with the other software bundled in the suite can play movies with different format such as MPEG, AVI, and MWI. The software also provides the user a support for stimuli presentation with multiple video displays. This software runs in Microsoft Window XP (SP3 32-bit), Window Vista (SP1 32-bit and 64-bit) and Window 7 32-64 bit. And the Hardware components should at least be Pentium 4 1.8 GHz, 512 RAM, Video Card that supports DirectX and USB Port.
Psychology Software Tools E-Prime

Psychology Software Tools E-Prime

Psychology software tools E-Prime has two editions, the professional and standard edition. To install any of these E-Prime editions users should have the following minimum requirements: Pentium 4 1.8 GHz processor, DirectX graphic card, 512 MB of RAM and USB port. This software is exclusively for windows operating system (winxp SP3 32 bit, win7 SP1 and winVista SP1 32 bit or 64 bit). This was developed by Psychology Software Tools Inc. to fill the need of experiments to be documented in the users systems. This can synchronize data, export files and play digital movies. The formats it supports are AVI, MPEG and WMV. For images, it supports bmp, jpeg, tiff, emf, tif, wmf, png and jpg. E-prime can play multiple audio file formats including mp3 and wma. It has user-friendly functions like drop and drag, copy and paste images between experiments, voice recording, and supports enhanced controllers (Parallel Port Devices, Network Socket and Joysticks).
E-Prime

E-Prime

E-Prime is used in computerizing your experiment needs such as experiment design, data collection and analysis which is mostly used by the professional community researchers, providing them with millisecond precision timing in ensuring data accuracy. This software is intended only for research use. E-Prime includes the following suite of applications: E-Basic which contains the scripting language, identical to Visual Basic Applications; E-Studio which has dragging and dropping functions for experiment design; E-Run which generates the experiment design into an E-Basic script in just one click with precise stimulus presentation, data collection, and synchronizations; E-Merge that combines data files in a single session quickly and easily for group analysis; E-DataAid that helps you in data filtering, editing, analyzing and exporting; and the E-Recovery which recovers lost or corrupted files or early terminated experiments. In order to play movies in millisecond accurate timing, it is recommended to use Processor with Pentium Dual-Core or Multi-Core 2 GHz or higher, 1024 MB RAM or higher, DirectX video card with 128 MB RAM or higher, Sound hardware, CD-ROM, USB Port, Serial Port, and Internet Connection. This application is compatible with Microsoft Windows XP SP3 32bit / Vista SP1 32 and 64 bit / 7 SP1 32 and 64 bit.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .edat2 ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .edat2. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。

コメントを残す

Registry Reviver
本気ですか?
PC上のファイル拡張子の問題を修復します。

インストールして試す Registry Reviver ために Free!

Copyright © 2022 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。
サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

節約しよう
40
%