ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.wfm ファイル拡張子

開発者: Tektronix/dataBased Intelligence
ファイルの種類: Tektronix Waveform Data File/dBASE Form
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .wfm. ファイル拡張子を持つファイル .wfm 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .wfm ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .wfm ファイル?

に関連した2つの一般的なファイルの種類があります.wfmファイルの拡張子は。まず、このファイルの拡張子は、テクトロニクスのオシロスコープやロジック·アナライザを使用して作成されたデータファイルであるように取り付けられていること、ファイルのためテクトロニクスの波形データファイルとして知られている。このプログラムは、ユーザーは、電子回路と信号電圧テストを実行することができる。 .wfmこのプログラムによって作成されたファイルは、この情報は、デバイス上に表示することを特徴信号についての情報を含む。これらのファイルは、電圧のグラフ対時間の創造のために役立ちます。 Wavestartソフトウェアは、テクトロニクスのWindowsオシロスコープWFM Converteの使用と同様に、これらのファイルを開くことができ、これらのファイルは、別の形式に変換することができる。使用して次のアプリケーション.wfmファイル拡張子はdBaseのです。これにより、ユーザーはデータベースを管理することを可能にするプログラムです。 .wfmこのソフトウェアによって作成されたファイルは、フォームとして知られており、それらはプログラムを利用してデータを入力および変更するために使用される。

開く方法 .wfm ファイル?

起動 .wfm ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .wfm ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .wfm ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .wfm ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .wfm ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .wfmファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .wfm ファイル

Tektronix Windows Oscilloscope WFM Converter

Tektronix Windows Oscilloscope WFM Converter

Tektronix Windows Oscilloscope WFM Converter is an exclusive software that converts the .wfm output files of a Tektronix oscilloscope into the more common industry files. This is a free utility that is necessary for all Tektronix oscilloscope users. The different formats that this software generates can either be ASCII tabular spaced files, ASCII CSV files, MATLAB files, or MATHCAD files, including ASCII .dat files. Choose a format according to your needs. As a free utility, Tektronix provides no guarantees or warranties when using the product. The software applies to a range of Tektronix models, please check the manufacturer’s website for compatibility info. This utility makes Tektronix oscilloscope a feasible equipment choice as its output can now be easily converted into industry standard files. Use the software as necessary and with usual discretion. Firmware and new versions of the software are released regularly. Check out for updated version straight from Tektronix’s website. Software is easily downloaded over the internet, free of charge.
Tektronix WaveStar

Tektronix WaveStar

Tektronix Wavestar is one of Tektronix products. Software designed to analyze, control, capture and document data, it has the ability to capture data and measurement waveforms, make, modify and transfer telecommunication masks. WaveStar is Microsoft Windows software that can bring measurement information to Windows desktop. It can also access, establish, manipulate and move instrument files. Wavestar data logs measurements coming from single or multiple equipment’s, it can also perform examinations on power waveforms. It has the ability to control measurements and instrument settings remotely and goes well with Tektronix Open Windows Oscilloscopes. A waveStar reader tool is also included intended for information sharing. To capture data it works by setting up communication to equipment using WaveStar Instrument Manager, and then Explorer will display the instrument and give their properties. To capture measurements select property, click then drag and drop to the application sheet where analysis will commence.
dBase

dBase

In 1980, dBase was published by Ashton-Tate for CP/M, the original developer of the software. It was the first database management system (DBMS) for microcomputer which included the query system which is database engine and the programming language which is forms engine. Some users said that dBase was an excellent interactive ad-hoc manipulation tool because one can easily manipulate, analyze, format and perform calculations while SQL have declarative operations which retrieves data sets from a relational database (RDBMS). dBase' first file format is .dbf. It is recommended by the Microsoft to save dBase file in Microsoft Works so that it can read by Microsoft Excel while its second file type is .dbt. For files with single indexes, dBase uses .ndx, and .mdx for files holding 1 to 48 indexes. The latest version of the legendary relational DBMS is dBase 2.8. while dbDOS 1.5 can quickly and easily work with dBASE III, IV, and V for Windows 32/64 bit operating system. dBase Classic also builds high powered data-driven applications that use the xBase languge and runs on lastest operating system of Microsoft when used with dbDOS.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .wfm ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .wfm. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。

コメントを残す

Registry Reviver
本気ですか?
PC上のファイル拡張子の問題を修復します。

インストールして試す Registry Reviver ために Free!

Copyright © 2022 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。
サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

節約しよう
40
%