サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

保存する
40
%
ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

スリープ、休止状態、シャットダウン – どの選択するには?Sleep, Hibernate, Shut down – Which to Choose?

スリープハイバネーションシャットダウン – どれが最適ですか?

私たちは、 Facebookで最近実施されたアンケートで、PCで何をやったのか尋ねました。 25人の回答のうち8人がPCをスリープモードにしたと答えています。二人は彼らを冬眠させたと言った。そして大多数の15人は完全に閉鎖していると言いました。

3つのアプローチすべてに利点があります。スリープモードでは、PCを低電力状態にし、数秒でスリープ状態から復帰します。スリープモードはバッテリの電力を消費しますが、非常にゆっくりとします。スリープモード中にバッテリーが低すぎると、PCは自動的に休止状態に切り替わります。

Hibernateは開いているすべてのドキュメントを保存し、開いているすべてのアプリケーションの状態を覚えておき、この情報をハードドライブに保存します。その後、PCを完全にシャットダウンします。 Hibernateからの再開には、最近使用したすべてのアプリケーションを再度開くという利点があります。通常、このオプションを持つのはラップトップだけです。

シャットダウンすると、開いているすべてのアプリケーションとドキュメントが閉じられ、PCを保存してから電源を切ることができます。これにより、スリープモードとHibernateと同じ電力量よりも消費電力が節約されます。

ある回答者は、どちらもしないとコメントしましたが、単にPCから離れ、時にはモニターをオフにすることもありました。この方法では引き続き電力を使用しますが、夜間にスケジュールを設定する必要がある場合は、Windowsアップデートとウイルス対策スキャンを実行する利点があります。 PCをシャットダウンする場合は、手動でそのようなスキャンを実行することを忘れないでください。

Was this post helpful?
Yes
No



あなたの答えを見つけられませんでした?
世界中からの専門家の私たちのコミュニティに質問をする、全く時間がないの答えを受け取る。

Pinterestにピン留めする

翻訳を編集
機械翻訳(Google):
読み込み中...
エディタにコピーする
or キャンセルする