サマーセール!
最大40%オフ

プレミアムスイートパッケージ、そして以下をゲット Parallels Toolbox 無料です!

保存する
40
%
ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

死のエラーの保護されたストレージのブルースクリーンをCMにしようとした書き込みにガイドA Guide to the ATTEMPTED WRITE TO CM PROTECTED STORAGE Blue Screen of Death Error

Windows Vista、Windows 7および8、およびWindows 2008の初期化処理中にコンピュータが突然シャットダウンすると、「CMTで保護された書き込みに書き込みました」BSOD(死のブルースクリーン)エラーが表示されることがあります。構成マネージャー(CM)の読み取り専用ストレージに書き込もうとしました。コンピュータの突然のシャットダウンは自動的に実行され、データの消失を防ぎます。

ほとんどの状況で、このBSODエラーは、デバイスドライバ、新しくインストールされたアプリケーション、またはオペレーティングシステムの更新によって実行された操作の誤りによって引き起こされる可能性があります。場合によっては、このエラーは、トロイの木馬やウイルスなどのマルウェアの活動によって引き起こされます。

このBSODエラーは、 “ATTEMPTED_WRITE_TO_CM_PROTECTED_STORAGE”と “STOP 0x0000011C”とも呼ばれます。保護されたストレージに書き込もうとしたドライバは、BSOD画面で識別されることがあります。システムの初期化中の画面。

“ATTEMPTED WRITE TO CM PROTECTED STORAGE” BSODエラーを修正するには、最近インストールされたハードウェア、デバイスドライバ、またはサービスパックやソフトウェアアップデートなどのその他の関連ソフトウェアがないかコンピュータをチェックする必要があります。このエラーを解決するには、[最後に正常な構成]機能を使用します。これは、最新の設定と機能した構成を使用してコンピュータを起動できるオプションです。このプロセスは、コンピュータが正常に動作した最後の時点でドライバの設定とレジストリ情報を復元します。

これを行うには、コンピュータを再起動し、画面に文字ベースのメニューオプションが表示されているときにF8キーを押す必要があります。このオプションはWindowsの詳細オプションを提供します。矢印キーを使用して[Last Known Good Configuration]を強調表示し、Enterキーを押します。このプロセスでは、コンピュータのオペレーティングシステムと互換性のない新しくインストールされたドライバや、サポートされていないハードウェアのインストールから回復することができます。

サポートされていないハードウェアをアンインストールするには、[スタート]ボタンをクリックし、検索ウィンドウにデバイスマネージャーを入力し、検索結果のリストに表示されたらそれをクリックします。小さな矢印アイコンをクリックすると、ハードウェアツリーのすべてのカテゴリが展開されます。赤い十字マークの付いたデバイスをアンインストールするには、右クリックします。

以下のコメントや質問をコメント欄に残してください。または、 ReviverSoft Answersで質問してください。

Was this post helpful?
Yes
No



あなたの答えを見つけられませんでした?
世界中からの専門家の私たちのコミュニティに質問をする、全く時間がないの答えを受け取る。
翻訳を編集
機械翻訳(Google):
読み込み中...
エディタにコピーする
or キャンセルする